【年始インタビュー】財政赤字や価値観多様化に直面 次期総選挙の展望を聞く(下)

シンガポールで2020年にも実施される公算が大きい総選挙は、リー・シェンロン首相を引き継ぐ新世代の指導体制の正当性を担保する上で、重要な意味合いを持つ。内外環境が大きく変化する中、建国時期の苦闘を直接経験していない新世代の指導者は、財政健全化や価値観が多様化する社…

関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:久しぶりにオフィスに出…(09/23)

MICE観光市場、27年に50億米ドル超へ(09/23)

米オークウッド、客室をオフィスとして提供(09/23)

地場ブランド認証制度、11月に導入へ(09/23)

8月の新規車両登録、乗用車がプラス転換(09/23)

隣国で1.5万人以上のマレーシア人が失職(09/23)

フィンセン文書、国内の複数銀行も名指し(09/23)

新規感染21人、計5万7627人(22日)(09/23)

21年の財政赤字、対GDP比4~6%と予想(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン