【年始インタビュー】財政赤字や価値観多様化に直面 次期総選挙の展望を聞く(下)

シンガポールで2020年にも実施される公算が大きい総選挙は、リー・シェンロン首相を引き継ぐ新世代の指導体制の正当性を担保する上で、重要な意味合いを持つ。内外環境が大きく変化する中、建国時期の苦闘を直接経験していない新世代の指導者は、財政健全化や価値観が多様化する社…

関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

工業団地JTC、4カ所の労働環境整備(17:01)

金融業、現地人材の雇用優先を=人材相(14:21)

スーパー大手、16カ月分賞与報道を暗に否定(13:14)

テイクオフ:春節(旧正月)を控え、…(01/28)

地元デザイナー、新商品で協業 仮想インフルエンサーと販促(上)(01/28)

スーパー大手、コロナ特需で賞与16カ月分も(01/28)

住友商事、建機販売・レンタル会社買収(01/28)

島津製作所、高血圧の共同研究施設を開所(01/28)

高齢者のワクチン接種開始、初日は300人(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン