【年始インタビュー】財政赤字や価値観多様化に直面 次期総選挙の展望を聞く(下)

シンガポールで2020年にも実施される公算が大きい総選挙は、リー・シェンロン首相を引き継ぐ新世代の指導体制の正当性を担保する上で、重要な意味合いを持つ。内外環境が大きく変化する中、建国時期の苦闘を直接経験していない新世代の指導者は、財政健全化や価値観が多様化する社…

関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最寄り駅の近くにある小…(08/02)

労働市場の回復にブレーキ 2四半期ぶり雇用減、外国人顕著(08/02)

製造業景況感、3期連続でプラス維持(08/02)

サービス業景況感、7~12月は前期と同水準(08/02)

6月銀行貸出残高、2年9カ月ぶり高い伸び(08/02)

DBSとテマセク、借入金融で提携(08/02)

ケッペルの業績急回復、1~6月は黒字転換(08/02)

シンガポール航空、4~6月は赤字大幅縮小(08/02)

ナイトライフ事業者の安全対策、政府が強化(08/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン