日本工業団地で入居進む 1年で9社、南部で整備活発

インドで日本工業団地の販売が堅調に進んでいる。2018年10月~19年11月の直近1年間は9社が入居。特に南部では、双日が昨年12月に販売を開始するなど整備が活発だ。一方で、景気減速の影響によって将来の入居に対する問い合わせは減少傾向にあるとの声も挙がる。インフラの充実や…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地の2千ルピー(約3…(02/27)

車両ビジネスに新業態 新興各社、リースから融資仲介へ(02/27)

フォード、SUV「エンデバー」の新型発売(02/27)

配車市場は369億米ドル、年平均13%拡大へ(02/27)

コルカタ港運営会社、保有地のリースを計画(02/27)

スパイスジェット、エビ専用の貨物便を運航(02/27)

ムンバイ―プネの高速道、IRBが運営継続(02/27)

ブルースターが南部に新工場、21年に稼働(02/27)

交通拠点の小売販売、30年に216億ドル規模(02/27)

1月の外国人旅行者2.5%増、肺炎の影響まだ(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン