【台湾企業】自治体との共同開発で成長、観光事業も強化 日勝生活科技(ラジウム・ライフ・テック)

南部の高雄市出身で、建設会社で現場監督などを行っていた林栄顕氏が妻、兄と起業した。当初は住宅を中心に手掛けていたが、台北捷運(台北MRT)新店駅操車場の再開発計画で同市と契約を締結。その後、自治体が行う共同開発やBOT(建設・運営・譲渡)計画に積極的に参画し、…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本のニュースで最近目…(07/07)

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

今年の観光収入、1.3兆円損失か=コロナで(07/07)

鴻海の6月売上高、3カ月ぶり減収に(07/07)

HTCの6月売上高、前月比で6割増(07/07)

政府、5G網の敷設加速に300億元補助(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン