【台湾企業】自治体との共同開発で成長、観光事業も強化 日勝生活科技(ラジウム・ライフ・テック)

南部の高雄市出身で、建設会社で現場監督などを行っていた林栄顕氏が妻、兄と起業した。当初は住宅を中心に手掛けていたが、台北捷運(台北MRT)新店駅操車場の再開発計画で同市と契約を締結。その後、自治体が行う共同開発やBOT(建設・運営・譲渡)計画に積極的に参画し、…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「焼き肉に行きたいけれ…(01/19)

ロケット発射目指し挑戦続く 宇宙ビジネスを新産業に(下)(01/19)

新型コロナの域内感染、18日は17人(01/19)

陰性確認後の入境手続き、短距離便も対象に(01/19)

コロナ検疫期間、短縮を検討=陳指揮官(01/19)

アップルとサムスン、振興策で大規模生産(01/19)

桃園の小学校で休校相次ぐ、コロナ感染で(01/19)

工作機械大手など、コロナ対策を強化(01/19)

半導体設備の内製化推進、蔡総統が強調(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン