11月の自動車生産は22%減少 2桁減続く、国内外向けとも不振

タイ工業連盟(FTI)が18日発表した2019年11月の自動車生産台数は、前年同月比21.8%減の15万4,088台だった。7カ月連続のマイナスで、前月に続き2桁減。バーツ高や米中貿易摩擦の影響により輸出向けの生産が落ち込んだほか、自動車ローンの引き締めに伴う新車市場の縮小を受け…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイでの新型コロナの第…(01/18)

日系昇給率、21年は3.2%予測 コロナで4割賃上げ未定=NNA(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

市中感染364人、9割が首都西郊(17日)(01/18)

タイから帰国の労働者感染、69人に(01/18)

市中感染209人、首都で男性死亡(16日)(01/18)

市中感染154人、628人が回復(15日)(01/18)

MG、20年の新車販売7%増の2.8万台(01/18)

水産品輸出額8%減、単価下落で(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン