• 印刷する

テイクオフ:日本が第二次世界大戦中…

日本が第二次世界大戦中にスパイ養成を目的に設立した、いわゆる陸軍中野学校について関係者がまとめた貴重な記録を読む機会があった。同校卒業生による各方面での情報活動などをまとめたもので、オーストラリアについての記録もある。

オーストラリア方面の計画は当初、現在の東ティモールを拠点とする部隊が、ダーウィン港などに残置情報活動者を置いて、オーストラリア軍と米軍の活動を監視するというものだった。ただ、実際に実行されたのは、西オーストラリア州アドミラル湾の偵察だったという。海軍は、同湾に米軍の根拠地が作られているとの疑念を抱き、潜入活動を依頼してきたそうだ。

潜入したのは3人で、結果はそうした活動は認められなかったらしい。今の地図で見ると全く何もない場所で、どうしてそこに拠点ができると思ったのか分からないのだが。(欣達)


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:拡大する山火事を尻目に…(01/17)

豪株式、初の7000ポイント突破 米中合意好感、NZも最高値(01/17)

退職年金利回り通年13.8%、6年ぶり高水準(01/17)

APRA、リスク分析システムを取り替え(01/17)

〔オセアニアン事件簿〕豪東部降雨、山火事緩和も地滑り危機浮上(01/17)

豪主要路線のキャンセル率、カンタス約1割(01/17)

ジーンズウエストも破綻、国内ブランド苦境(01/17)

米投資ファンド大手が石炭投資撤退、豪は楽観(01/17)

豪の重質原油、船舶排出新規制で需要拡大(01/17)

WA州水道局、支払い期間短縮も割引要求(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン