• 印刷する

タイの日本食レストラン、前年比11.5%増

日本食レストラン海外普及推進機構(JRO)タイ国支部と日本貿易振興機構(ジェトロ)バンコク事務所は11日、2015年度のタイの日本食レストラン数が前年度比11.5%増の2,364店だったと発表した。小売大手の地方進出に伴い、地方店の成長率がバンコク首都圏を上回った。

バンコク首都圏の日本食レストラン数は前年比9.4%増の1,579店。撤退・閉店数が開店数の半数以上に達し、全体を押し下げた。喫茶コーヒー・ケーキ店が59.3%、豚カツ・天ぷら店が25.0%、焼き肉・バーベキュー店が22.8%伸びた一方、洋食・パスタ・バーガー店は撤退・閉店数が開店数を上回り、13.7%減だった。バンコク首都圏の店舗は全体の67%を占めた。

地方は前年比15.8%増の785店。牛丼・天丼・豚丼店が4.8倍、豚カツ・天ぷら店が2倍、焼き肉・バーベキュー店が41.5%増と増えた。カレー・オムライス、すし・海鮮、洋食・パスタ・バーガーなどは撤退・閉店数が開店数を上回った。

タイ全体ではホテル内和食と洋食・パスタ・バーガーが前年を割り込んだ。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

通信DTAC、900MHZ電波入札に参加へ(13:33)

テイクオフ:タイのプミポン前国王が…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

【高齢化の諸相】中進国の活力奪う「第2の罠」 スピード老化、先進国入りへ試練(10/16)

居酒屋てっぺん、商業施設でFC1号店開業(10/16)

製薬協、タイと台湾の機関とコンソーシアム(10/16)

バムルンラード病院、米企業と新技術開発へ(10/16)

新菱冷熱、協和発酵バイオの工場を完工(10/16)

信和不動産、物件のアフターサービス導入(10/16)

タイ星合弁、トンロー駅前でコンド開発(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン