• 印刷する

ジェットスター、成田―浦東便を毎日運航へ

格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)は13日、成田空港と上海浦東空港を結ぶ路線を2020年1月21日から毎日1往復ずつに増便すると発表した。現在は週4日の往復運航。春節(旧正月、20年は1月25日)や冬から春にかけての旅行需要に対応するほか、出張などのビジネス需要を見込んでいる。

機材はエアバスA320で、座席数は180席。毎日往復するのは冬季運航スケジュール期間の20年1月21日から3月28日まで。

ジェットスター・ジャパンは17年6月に国際線の就航先として4都市目となる上海に就航。深夜帯の発着だが、訪日観光やビジネスでの利用が多いことから運航拡大を決めた。


関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

天津市のGDP、19年は4.8%成長(07:56)

児玉化学工業、江蘇子会社売却し中国撤退(07:56)

19年の訪問客は14%増、中国人がけん引(01/27)

シアヌークビル空港、年央までに滑走路延伸(01/27)

団体旅行禁止、東南ア経済に打撃も(01/27)

湖北省全域への渡航中止、日本外務省が勧告(01/27)

新型肺炎の監視強化続く 発症者8人、武漢便運休も要警戒(01/27)

アマタ会長=日系をミャンマーに誘致したい(01/27)

新型肺炎の死者56人に、上海と河南でも(01/27)

新型肺炎で武漢便の運航が停止、ミャンマー(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン