• 印刷する

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退

メトロ・ホールディングスは、インドネシアの百貨店事業から撤退し、シンガポールでの事業に注力する=シンガポール中心部(NNA撮影)

メトロ・ホールディングスは、インドネシアの百貨店事業から撤退し、シンガポールでの事業に注力する=シンガポール中心部(NNA撮影)

シンガポールの百貨店・不動産大手メトロ・ホールディングスは、折半出資で運営するインドネシアの合弁会社メトロポリタン・リテールマートの株式を、合弁相手に全て売却する。事業再編計画の一環で、採算性が低いインドネシアの百貨店事業から手を引くことにした。

メトロ・ホールディングスが12日に発表した声明によると、百貨店部門メトロ・グループが、現地の合弁相手であるコングロマリット(複合企業)トランス・コープの子会社に、保有するメトロポリタン・リテールマートの全株式を2,500万Sドル(約20億3,000万円)で売却する。売却益は約930万Sドル。今後はメトロの商標権を有償で提供する。

メトロポリタン・リテールマートは、インドネシアの6都市でメトロ百貨店を11店舗運営している。出資比率はメトロ・グループが50%、トランス・コープの子会社が50%。今回の取引で、トランス・コープの傘下に入ることになる。

メトロ・ホールディングスは、百貨店業界がネット通販の台頭などで厳しい状況にある中、シンガポールの小売りや不動産事業に集中する戦略を進めている。インドネシアの合弁会社は、電子商取引(EC)市場の拡大や人件費、賃料の増加で収益が悪化していた。


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外出を自粛する生活が続…(08/05)

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(08/05)

【月次リポート】自動車ニュース(7月) 欧州でクリーン水素同盟(08/05)

米フィンテック企業、ア太平洋拠点設置へ(08/05)

賃金ガイドライン、コロナ禍で見直し検討(08/05)

ヤンゴンの食品工業団地開発、投資委が認可(08/05)

製造業PMI、6カ月ぶりに50超え(08/05)

6月の外国人入国者2千人、前月からは回復(08/05)

米インテグリス、積層造形の研究所設立へ(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン