続伸、米金利政策を好感=香港株式

12日の香港株式市場は続伸して終了した。米連邦準備制度理事会(FRB)の低金利政策が長期化するとの見方から、ハンセン指数は朝方から上昇し、一時は節目の27000を超えた。主力銘柄の中国本土IT大手、騰訊(テンセント)が2.7%高と大きく上げた。香港経済日報などが伝えた。…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

大手の悲観傾向、依然強く 1Q景況感、小売りで緩和も(01/21)

19年の輸出受注、5.3%減に 全製品・市場が落ち込み(01/21)

10~12月の失業率3.3%、3期連続で悪化(01/21)

ブランド品売買SOU、3カ国に拠点(01/21)

中小企業の展示会出展に補助金、政府(01/21)

香港、武漢発の旅客に健康状態申告義務付け(01/21)

19年の空港統計、旅客減少幅が10年で最大に(01/21)

新渡輪のフェリー利用者、19年は7%減(01/21)

ホンハムトンネル、電子決済再開で正常化(01/21)

香港AIA、全額出資の生保事業開始で式典(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン