• 印刷する

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相

インドネシアのアグス・グミワン・カルタサスミタ産業相は、日本や韓国の企業がインドネシアで電気自動車(EV)用バッテリー工場の建設を計画していることに言及し、国内にニッケル鉱石などの原料が豊富なことが投資家を引き付けていると説明した。投資を円滑化するために、内容が重複する法令を統合、簡素化する「オムニバス法」の成立を急ぐ方針だ。12日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

アグス産業相は自動車産業への投資に関心が高まっていることについて、国内の自動車保有率が8.8%と低水準にとどまっており、伸びしろがあることや、政府が2030年までにインドネシアを東南アジアの電気自動車産業の中心地とする目標を掲げていること、さらに国内に世界でも有数のニッケル鉱床があり原料が豊富であることなどを挙げた。来年1月1日に開始するニッケル鉱石の禁輸措置についても、国内の自動車バッテリー産業に原料を安定的に供給できると述べた。

同相によると、韓国化学大手のLG化学が23億米ドル(約2,500億円)を投じて総合バッテリー工場を建設、バッテリーセルやモジュールの製造、中古バッテリーの再利用事業などを行う。また、ホンダとパナソニック、パシフィックコンサルタンツ(東京都千代田区)などが、電動スクーター用の着脱式バッテリーに関する実証研究を開始したことや、中国のステンレス製造大手、青山控股集団や阪和興業(大阪市中央区)などが出資するQMBニュー・エナジー・マテリアルズ(QMB)がEV用リチウム電池の原料生産工場を建設していることにも言及した。


関連国・地域: 韓国インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:社内で風邪がはやってい…(01/21)

テイクオフ:空の玄関口として拡張が…(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

下げ止まらない訪問外国人数 ジャカルタ、新しい観光戦略急務(01/21)

1~11月外国人訪問者数、リアウ諸島が2位(01/21)

起亜がSUVを投入、目標販売台数は4桁(01/21)

NEDOの3案件、JCMのクレジット発行(01/21)

マイクロソフト、データ施設に10億ドルか(01/21)

過積載トラック禁止、鉄鋼など5品目は延期(01/21)

首都とジャワ島西端、鉄道で2時間に(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン