• 印刷する

バンコク、生活費が高い都市トップ50入り

英人材調査会社のECAインターナショナルは10日、2019年版の駐在員の生活費が高い都市ランキングを発表した。食費などが比較的安いとされてきたタイは、首都バンコクが初めて世界トップ50に入った。バーツ高の進行により、過去2年で同国の主要都市の順位が急浮上した。

バンコクは47位となった。17年版は122位、18年版は90位で、今回さらに順位が上がった。北部チェンマイも、2年前から56ランク上がった。

ECAのリー・クアン・アジア地域ディレクターは「バンコクは長年、生活コストが安い駐在先、旅行先とされてきたが、バーツ高によりランクが急上昇した」との見方を示した。一方、中国の都市では、アフリカ豚コレラの流行による供給不足で豚肉価格が上昇しているが、外国人の豚肉消費は限定的で、人民元安により生活費が下がった。

アジア順位の上位3都市は、トルクメニスタンのアシガバード、東京、香港だった。世界順位でもアシガバードは前年に続く1位で、東京は8位から2位に浮上した。

アジアのトップ10はほか、横浜、名古屋、大阪、シンガポール、韓国・ソウル、マカオ、中国・上海となった。


関連国・地域: 中国香港韓国タイシンガポール日本中央アジア
関連業種: 食品・飲料金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1月の第2土曜日はタイ…(01/21)

【循環型経済】倉庫型リユース店で新境地 ワットマン、買取店も年内開設へ(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

深南部に特定免税店設定へ、移動閣議で協議(01/21)

EV生産のロードマップ、年内に策定へ(01/21)

商船三井ロジ、現法が陸送と通関事業を開始(01/21)

ウタパオ空港拡張、価格審査でBBSリード(01/21)

スワンナプーム免税品引渡所、応札は1社(01/21)

空港混雑で航空会社の負担増、年3.6億円も(01/21)

バンコク中華街の複合施設、正式に開業(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン