首都で大気汚染が悪化、PM2.5基準値超え

タイのバンコク首都庁(BMA)の環境当局によると、10日午前にバンコクの7地区で再度、微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が安全基準となる1立方メートル当たり50マイクログラムを超えた。最高は57マイクログラムだった。11日付バンコクポストが報じた。 7地区は、バンケン、ラ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ適応でデジタル化進展 東南アで若者のオンライン利用増(08/12)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(6月) 上昇率が5カ国で加速、原油高などで(08/12)

テイクオフ:盆休みを迎えた日本では…(08/11)

電動旅客船が相次ぎ就航へ 地場が開発、自製の蓄電池を搭載(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

イースタンパワー、越の風力発電2件を買収(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン