比で妻射殺、夫に懲役17年=神戸地裁

【共同】フィリピン中部セブ島で昨年8月、実行役と共謀して現地在住の会社社長浜田純子さん=当時(71)=を射殺したとして、殺人罪に問われた無職の夫慎一被告(78)の裁判員裁判で、神戸地裁は11日、「殺害を主導した立場で責任は重い」として懲役17年(求刑懲役20年)の判決を…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首都圏などの外出制限、条件付きで緩和(05/14)

地方の外出制限、南部で厳格化(05/14)

南アジアからの入国禁止延長、31日まで(05/14)

新型コロナ、新たに6784人感染(05/14)

大手企業、環境戦略に軸足 世界と足並み、動き加速も(05/14)

〔セブ通信〕空港、14~15日に国際線停止(05/14)

新型コロナ、新たに6385人感染(05/14)

ロシア製ワクチン、新たに1.5万回分到着(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン