• 印刷する

インパクト、コンビニ16号店を南部に開業

インパクトホールディングス(東京都渋谷区)は11日、インド企業との合弁によるコンビニエンスストア「コーヒー・デー・エッセンシャルズ」の16店舗目を南部ベンガルール(バンガロール)に開業したと発表した。

16号店のジャヤナガル4thブロック店はキオスク業態で、取扱商品は150SKU(品目)。午前7時から午後11時まで営業する。

コーヒー・デー・エッセンシャルズはこれまでに、バンガロールに10店舗、首都ニューデリーに5店舗、北部グルガオンに1店舗を展開している。10日にはバンガロールで2店舗を同時開業したばかりだ。

インパクトホールディングスによると、年内にさらに34店舗の開業を目指す。来年夏までには計425店舗を設置する目標を掲げている。

南部バンガロールに開業したジャヤナガル4thブロック店(インパクトホールディングス提供)

南部バンガロールに開業したジャヤナガル4thブロック店(インパクトホールディングス提供)


関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

1.7兆ルピーの支援策 貧困層に食料、新型コロナ対策(03/27)

緯創が世界分散生産へ、10億米ドル投資(03/27)

国際線の運航停止、4月14日まで延長(03/27)

新型コロナ専用病院、17州で選定へ(03/27)

公営銀行各行、緊急融資枠の提供を発表(03/27)

新たに52人感染、計683人(26日)(03/27)

再建中のイエス銀、1千億ルピー調達の公算(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン