• 印刷する

ミャンマー・サーベイ・リサーチが日本法人

ミャンマーのシンクタンク、ミャンマー・サーベイ・リサーチ(MSR)は10日、日系企業へのサービス拡充のため、日本法人のMSRジャパン(東京都千代田区)を設立したと発表した。

MSRは1995年から調査やコンサルティングサービスを提供しており、顧客の半数以上が日系企業や日本政府機関。18年には日本人コンサルタントを置くジャパンデスクを開設した。日本法人では、日系企業との直接の面談やセミナーなどを実施していく。同社にとって海外拠点の設立は初めて。

MSRは今年10月、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下にある、三菱UFJリサーチ&コンサルティングのタイ法人と、顧客紹介や人材・情報の共有に関する覚書を締結した。


関連国・地域: タイミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

モバイルマネー市場が拡大 最大手参入で携帯4社そろい踏み(20:47)

ムセで発熱の2人、新型肺炎の感染はなし(18:41)

新型肺炎、日系企業に打撃 武漢・華東で休業延長も視野(01/29)

新型肺炎の拡大を警戒、中国国境で検疫強化(01/29)

新型肺炎、アセアン株に余波(01/29)

EUが声明、ラカイン問題への対応を要請(01/29)

ラカイン州の国内難民10万人以上=NPO(01/29)

中国の対ミャンマー姿勢に変化=丸山大使(01/29)

ヤンゴン新都市開発、中国と基本合意を締結(01/29)

電化計画、第2期で2579村を送電網に接続へ(01/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン