• 印刷する

ベトナムのIT人材、20年に10万人不足

ベトナムでIT産業の人材不足が深刻化している。IT分野の地場求人サイト「トップデブ(TopDev)」によると、不足人数は2020年に10万人、21年には19万人に達すると見込まれる。10日付ダウトゥ電子版が報じた。

地場大企業の中で、コングロマリット(複合企業)ベトナム投資グループ(ビングループ)は最近、小売り部門を他社に統合しITと製造分野に注力すると発表した。同社だけで1万人程度のIT人材需要が生まれるとみられる。国営ベトナム郵政通信グループ(VNPT)はIT部門で現在1,500人を雇用しているが、25年までに5,000人を増やす計画。IT最大手FPTは向こう3年間で1万~2万人を、軍隊通信グループ(ベトテル)も毎年500~1,000人を採用する方針だ。

外資系企業でもIT分野の投資拡大の動きがある。韓国LG電子は北部のハイフォン工場のスマートフォン年産能力を1,100万台に引き上げる。また、韓国サムスン電子はハノイに研究開発(R&D)センターを設立し、3,000人を採用する計画だ。

一方、教育・訓練省によると、全国の大学235校のうちIT人材を育成しているのは153校で、毎年約5万人が卒業している。ただ、即戦力になるのは3割にとどまり、7割は補習研修が必要だという。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ベトナムからの入国規制強化、感染拡大で(05/14)

サムスン協力会社で集団感染、工場稼働中断(05/14)

市中感染73人増、ダナン市累計100人超に(05/14)

16日に168万回分のワクチン到着、英社製(05/14)

森永乳業、ベトナムの同業エロヴィ買収(05/14)

建設大手の1Q決算低迷、建材価格高騰で(05/14)

信頼性の高い不動産開発、ビンホームズが1位(05/14)

リアルベスト、不動産仲介で大手ジムと提携(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン