• 印刷する

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…

テレビCMでも、スーパーでも、ファストフード店でも。毎日どこかで必ず目に入る。かつては中華圏限定だったのに、まさか日本でここまでメジャーになる日が来るとは。どこぞのスターではなく「麻辣(マーラー)」味の食品の話だ。

ピリピリしびれる花椒(ホアジャオ)に、唐辛子を合わせた味付けのこと。関連商品が次々と登場する中、今やそんな解説も不要となった。最近は麻辣味を楽しむ人向けの「マー活」なる言葉まである。タピオカやパクチーの流行もしかりだが、国境を越えて加速する味覚の共有は、日本とアジア諸国との垣根が低くなったことの表れなのだろう。

そんな麻辣味の食べ物は、酒類とやけに相性がいい。日本で口にする機会が増えるに伴い、こちらの飲酒量と体重が右上がりで急上昇しているのは、ある意味アジアのボーダーレス化の副作用に違いない。そういうことにしておく。(潮)


関連国・地域: 中国香港台湾日本アジア
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

SBI、車両販売業者への貸付ファンド組成(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本企業だからこそ、 外国人材の個性を組織活性化につなげよ(01/23)

テイクオフ:当地で歌手やタレントと…(01/23)

19年の自動車生産は7%減 輸出向け不振、200万台は達成も(01/23)

ヤンゴンの下水道整備、円借款で推進へ(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

新興290社、日本進出に意欲 ジェトロが2都市でセミナー初開催(01/23)

国際組織、貿易文書電子化で政府・企業と提携(01/23)

東京エレク、平沢に技術支援センター設立(01/23)

トヨタ米州で342万台リコール、ホンダも(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン