• 印刷する

テイクオフ:某地図アプリでも表示さ…

某地図アプリでも表示されない小道や裏路地が張り巡らされているジャカルタ。日頃のお散歩で勝手知ったる場所ならいざ知らず、初めて訪れた場所で目的地までたどり着くのは一苦労だ。タクシーでひとっ走り、となれば楽なのだが、時折地図アプリを使っても道に迷う運転手がいる。最後に頼りになるのは自分の脚力になる。

特にジャカルタの都市高速鉄道(MRT)が開通して移動範囲が広くなってからそれを強く認識する。先日も某ラーメン店を目指してMRT駅から地図アプリを使って向かったところ、目的地とは反対の方向に進んでいた。頭を使ってよく調べずに胃袋の赴くままに行動した結果だが、約1時間後に着いたときには食欲よりも1杯の水を求めて近くのミニマートに駆け込んだ。

これに懲りて本屋で道路地図を買った。さて本人の方向音痴はどう修正したものか。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

ブカラパック、動画配信フィディオと提携(01/24)

古河電工、洪水被災工場が操業を再開(01/24)

日野自、今年は14%成長目標 インフラ開発・資源価格好転で(01/24)

首都で新型肺炎騒ぎ、政府は否定(01/24)

最低賃金の新算出指標、オムニバス法で導入(01/24)

政策金利は5%、3カ月連続据え置き(01/24)

19年生保の最終損益、赤字が4倍に拡大(01/24)

EVの名義変更税を免除、首都が条例公布(01/24)

20年の自動車と部品輸出額、13%増を目標(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン