• 印刷する

日医工出資のバイオ製薬社、ユニコーンに

日医工(富山市)が出資するバイオ医薬品の開発を手掛けるエイプロジェンが、米調査会社CBインサイツに企業価値10億米ドル(約1,086億円)以上の新興企業「ユニコーン」として登録されたことが11日分かった。韓国で11社目のユニコーンで、バイオテクノロジー分野では同社が初めて。

2000年設立のエイプロジェンはこのほど、地場投資会社リンドマンアジアインベストメントから約200億ウォン(約18億2,000万円)の誘致に成功し、ユニコーンの基準となる企業価値が10億米ドルを超えた。

エイプロジェンと日医工は、10年にバイオ後続品(バイオシミラー)の研究開発を目的に資本提携を結んだ。日医工の現在の出資比率は21.0%。「提携開始から8年が経過し、十分な信頼関係を構築できた」(日医工関係者)ことを理由に、来年4月までに10.3%まで引き下げる計画という。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 医療・医薬品化学

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国・武漢で見つかった…(01/29)

韓国の貿易赤字国、1位は5年連続で日本(01/29)

19年4Qの民間支出、6四半期連続減(01/29)

現代自、販売網の構築に5億ドルの追加投資(01/29)

潜在成長率2.5%、OECDが下方修正(01/29)

企業の8割が新卒採用、規模は縮小傾向(01/29)

LG商事がインドネシア事業の総括組織(01/29)

新型肺炎の防疫強化、政府が20億円投入(01/29)

武漢の韓国人帰国へ、30日にもチャーター機(01/29)

韓国、インフラ支援に5千万ドル融資(01/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン