製造業の固定資産投資額、3Qは12%増

台湾経済部(経済産業省)統計処が10日に発表した台湾製造業の投資・運営状況に関する報告によると、2019年第3四半期(7~9月)の台湾製造業による固定資産投資額(土地を含まない)は3,491億台湾元(約1兆2,470億円)で、前年同期比12.3%増えた。5四半期連続のプラス成長。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英業達の20年売上高、1割超える伸び幅へ(16:01)

共同声明「一つの中国」支持に台湾反発(17:35)

台湾で新型肺炎発症者を初確認、武漢滞在者(20:17)

テイクオフ:「今日香港、明日台湾」…(01/21)

19年の輸出受注、5.3%減に 全製品・市場が落ち込み(01/21)

PCB3社が資本的支出拡大、南電は2倍に(01/21)

群聯電子、苗栗にR&D用途の新拠点建設(01/21)

イオンモーター、今年の販売台数2倍へ(01/21)

石化産業の新南向展開を、政府が推進(01/21)

新光合成繊維、中国江蘇省に新工場建設へ(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン