石化の長春集団、環境対応策を推進

台湾の大手石油化学グループ、長春企業集団(チャンチュン・グループ)の林書鴻総裁はこのほど、自然に分解される生分解性プラスチックの使い捨て食器やポリ袋といった製品への応用を検討していると明らかにした。経済日報が伝えた。 グループ各社が取り組む環境対応策について語…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

12月の新規住宅ローン金利、過去最低を記録(01/24)

バウハウス、中国本土から撤退=台湾も半減(01/23)

クロワッサンの八月堂、香港で出店加速(01/23)

台湾デルタ、アプリでEV充電所の情報提供(01/23)

テイクオフ:「大騒ぎだよ。台湾は大…(01/22)

19年のGDP成長率は2.73% 4Qが好調、回帰投資など追い風(01/22)

「中国生産にまだ優位性」、新金宝董事長(01/22)

英業達の20年売上高、1割超える伸び幅へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン