• 印刷する

小口金融LOLC、中所得者照準で好業績

カンボジアで事業を展開するスリランカ系マイクロファイナンス(小口金融)機関、LOLCは6日、第3四半期(7~9月)の純利益が前年同期比2.6倍の330億3,500万リエル(約8億7,900万円)だったとカンボジア証券取引所(CSX)に報告した。利子収入は同34%増の1,099億8,800万リエル。

1~9月の純利益は前年同期比87%増の921億6,000万リエル、利子収入は39%増の3,218億9,700万リエル。9月末時点の総資産は前年末比49%増の3兆6,309億8,000万リエル、貸出残高は44%増の2兆8,286億600万リエルだった。融資利用者は27万9,704人に達している。

クメール・タイムズ(電子版)の9日付報道によると、LOLCのブリンドリー・デ・ジルバ会長は、増大する中所得者層を対象に絞った商品の開発、デジタル化の進展に対応した顧客サービスの向上と効率化が、好調な決算に寄与したと説明した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本との貿易額、19年1~11月は12%増(01/21)

休眠中のバッタンバン空港、再生計画が浮上(01/21)

リエル建ての預金、前年末比37%増(01/21)

国内の大気汚染、先週末から改善傾向(01/21)

ICTサマート、カンボジア航空管制を上場(01/21)

結核予防会、首都に健康診断センター開設(01/20)

アクレダ銀とウイング、電子決済などで提携(01/20)

韓国現代系がマンゴー加工工場、輸出も開始(01/20)

カタール航空、シエムレアプ便を11月就航(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン