生産分与契約の復活検討、石油業界が歓迎

インドネシア石油協会(IPA)は、政府と石油・ガス開発事業者との契約で、企業の開発コストを差し引いて生産物の利益配分を決める生産分与契約(PSC)の復活を政府が計画していることを歓迎している。政府は2017年にPSCを廃止し、開発コストは考慮せず、事業者との利益配…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

商銀の不良債権比率、6月末時点で3.11%(14:28)

出稼ぎ労働者の派遣再開へ、労働省(12:07)

ヤンゴンにイオンモール1号店 23年開業、新興中間層に照準(08/05)

テイクオフ:日本ではもうすぐお盆。…(08/05)

テイクオフ:コロナ禍でこれまでの習…(08/05)

日用品各社、上期は業績悪化 PSBBで需要減、輸出も不振(08/05)

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(08/05)

ダイハツ、8月の生産台数は前月の4倍へ(08/05)

ナンバー規制、交通量・電車乗客に変動なし(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン