生産分与契約の復活検討、石油業界が歓迎

インドネシア石油協会(IPA)は、政府と石油・ガス開発事業者との契約で、企業の開発コストを差し引いて生産物の利益配分を決める生産分与契約(PSC)の復活を政府が計画していることを歓迎している。政府は2017年にPSCを廃止し、開発コストは考慮せず、事業者との利益配…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地で歌手やタレントと…(01/23)

19年はエクスパンダーが首位 生産台数、トヨタのアバンザ抜く(01/23)

<資料>2019年の車種別生産台数(01/23)

ホンダ二輪、19年の完成車輸出は66%増(01/23)

ガルーダ航空が取締役刷新、現政権で4回目(01/23)

パティンバン港運営権、来月初旬に入札公告(01/23)

国営建設、バリ空港LRT事業で韓国と協力(01/23)

オムニバス法3法案、国会の優先審議法案に(01/23)

建材ノダ、インドネシアの同業IFIに出資(01/23)

イナルムのヴァーレ株20%取得、9月に完了(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン