• 印刷する

新国会議事堂の完成、さらに1年遅延

タイのゼネコン大手シノタイ・エンジニアリング・アンド・コンストラクションは9日、首都バンコクのキアカイ通りで建設を進めている新国会議事堂の完成がさらに1年遅れると発表した。同社は2013年に建設に着手。当初は15年の完工予定だったが、完工時期はこれまでに繰り返し遅延してきた。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、前回設定された完工期限は今月15日だったが、下院事務局に遅延の理由を報告し、期限の延長を求めた。その結果、同事務局の承認を得て、期限を382日間延ばす覚書を締結したという。新たな期限は来年12月31日に設定された。シノタイは「あるインシデント(出来事、事故)により建設が阻害された」と弁明。インシデントの詳細については明らかにしていない。

8日付ネーションによると、シノタイは工事の遅延により1日当たり1,228万バーツ(約4,400万円)もの罰金が科せられる可能性があった。これに対して同社は、下院事務局と遅延に関する覚書を締結したことから、膨大な罰金を科せられることはないと説明した。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:軍隊をモデルにしたオン…(08/05)

コンド供給が過去10年で最低 2Q実績、下半期も見通し厳しく(08/05)

【月次リポート】自動車ニュース(7月) 欧州でクリーン水素同盟(08/05)

不動産ノーブル、下半期にコンド3軒発売(08/05)

低所得の公務員向け宿舎、最大4万戸を建設(08/05)

BMW、商業施設エンポリにEV充電施設(08/05)

企業サイトの解析支援、日系が2カ国で開始(08/05)

港湾公団、6億円でバンコク港の岸壁改修(08/05)

造船ユニタイ、鉄鋼AD税の見直しを要請(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン