• 印刷する

MTRC、デモで220億円以上の損失発生

香港鉄路(MTR)を運営する香港鉄路公司(MTRC)は5日、6月以降続く抗議活動の影響で今年11月までに16億HKドル(約222億1,000万円)の損失が発生する見込みだと発表した。運転見合わせや駅閉鎖に伴う運輸収入の減少に加え、デモ参加者に破壊された施設の修復や交換、駅員の増員や警備強化などでコストがかさんだ。

MTRの7~11月の乗客数は744万3,000人(延べ人数、以下同じ)で、前年同期に比べ14.2%減少。デモ参加者のマスク使用を禁じる覆面禁止法の施行で抗議活動が激化し、駅の破壊行為などがエスカレートした10月と11月はともに27%を超える落ち込みだった。

香港経済日報によると、MTRCは破壊されたシステムや設備の修復や交換などにかかる費用が数億HKドルに上ると試算している。

MTRCは2019年12月期の業績見通しについて「ホンハム駅工事の不正発覚に関する引当金(24億3,000万HKドル)を計上しなければ、基本業務利益は前年を上回りそうだ」と説明している。


関連国・地域: 香港
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

金融管理局、5億HKドルの売り介入実施(16:55)

テイクオフ:年中湿気が多い香港で冬…(08/05)

PCR検査、企業の需要拡大 従業員向け、予約困難も(08/05)

新規感染者80人、域内75人=計3669人(08/05)

新学期はオンラインで予定通り開始、教育局(08/05)

ペット対象にPCR検査開始、 城市大(08/05)

マカオ、香港などからの入境者管理を強化(08/05)

恒生銀は中間で33%減益、経済活動低迷響く(08/05)

急反発、米株価上昇の流れ受ける=香港株式(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン