• 印刷する

テイクオフ:携帯キャリアから久しぶ…

携帯キャリアから久しぶりに郵便物が届いた。何だろうと開封してみると、直近の料金請求書。ここ数カ月は「電子請求書に変更したので、郵送はやめました」と郵便物を送ってくることなどなかったのに。

不慣れな外国人にとっては、オンラインでの請求よりも郵便で明細が送られてくる方がありがたい。ペーパーレス化で郵送はやめたはずだが、なぜいま再開したのか。想像してみるに、「ナンバーポータビリティー制度」による顧客流出の防止策で、サービスを厚くしているのではないかと思い至った。

現在は携帯2社と契約をしており、番号持ち運びが可能であればどちらかに一本化しようと考えていたところだった。想像通りだとすれば、これからは郵送再開のようにサービス競争が展開されるのか。これまでそっけなかった異性から急に関心を寄せられたような気分。しかも2人。さてA社とB社、どちらを残そうか。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国GDP、19年成長率は6.1%に減速(01/17)

仁宝、年内にもグーグル向けスマホ出荷か(01/17)

新型肺炎で2人目の死者、武漢の69歳男性(01/17)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/17)

中老鉄路の要員採用、応募者の条件を発表(01/17)

中国からLNG輸入、ホテルや飲食店に販売(01/17)

ホテル業界、恵みの雨はまだ 春節予約率3割、値下げ合戦も(01/17)

米中が第1段階の貿易協定 中国、対米輸入2千億ドル拡大(01/17)

19年の香港旅客数、下半期に大きく失速(01/17)

トランプ氏と劉氏、米中貿易協定を高く評価(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン