• 印刷する

テイクオフ:通勤や買い物に支障が出…

通勤や買い物に支障が出るのだから困ったものだ。クリスマスで渋滞がひどくなる12月。配車アプリの業者と契約運転手は儲かっているのだろう、全くつかまらない。救いの手を差し伸べてくれたのは、見知らぬ通りすがりのバイク。割高運賃で手を打った。

これは違法なのだが、フィリピンでは人気を博している。タクシーはグラブ、バイクはアンカスという2社が事業を独占し、選択肢が少ないからだ。当局はサービスの質を維持する条件付きで営業を許可しているが、マカティ市では混雑する夕方から夜にかけて予約できる可能性は大幅に低下する。これが現実だ。

自動車による交通渋滞がひどいのだから、政府は車と車の間をすり抜けて移動できるバイクの配車事業者をもっと認可すべきだ。権力でも何でも、独占が続くと腐敗する。非合法のバイクサービスが合法になり、競争が生まれることを望む。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タール火山の噴火は、交…(01/20)

噴火被害で税優遇延長へ 経済区庁、企業への支援手厚く(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

噴火から1週間、警戒維持も噴煙弱まる(01/20)

タール火山噴火、被災者支援が活発に(01/20)

経済区庁の投資認可額、19年は16.2%減(01/20)

投資委の19年認可額、1.1兆ペソと過去最高(01/20)

ペトロン、債務返済などに127億ペソ支出(01/20)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/20)

浅川前財務官が総裁就任、アジア開銀(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン