迷惑電話が3倍に増加、世界3位に急浮上

インドネシアで今年かかってきたスパムコール(迷惑電話)の回数は、1人当たり月平均28回と昨年の10回から約3倍に増加した。世界ではブラジルとペルーに次いで3番目に多く、昨年の16位から急浮上した。携帯端末向けの電話帳アプリを展開するスウェーデンのトゥルーコーラーが3…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国営企業病院の持ち株会社「日本と協力」で(17:13)

3色湖のクリムトゥ山、国に2500万円の収入(14:23)

隣国PR会社プレシャス、KL拠点を開設(19:20)

個人情報保護法案、通信情報省が国会提出(16:08)

新型肺炎、日系企業に打撃 武漢・華東で休業延長も視野(01/29)

テイクオフ:雨期のこの時期ほど、天…(01/29)

ライオン航空、2月に中国全土の直行便運休(01/29)

新型肺炎、アセアン株に余波(01/29)

現代自、販売網の構築に5億ドルの追加投資(01/29)

EVの型式認証検査、手数料を半額に(01/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン