• 印刷する

通信PLDT、複合開発地で5G開始

フィリピンの通信大手PLDTは、アラネタ・グループがマニラ首都圏ケソン市で手掛ける複合開発地区「アラネタ・センター」(敷地面積35ヘクタール)で、次世代通信規格の第5世代(5G)システムを導入することで提携した。複合開発地区での5G活用は国内初となる。ビジネスミラーが6日伝えた。

傘下の携帯電話サービス会社スマート・コミュニケーションズを通じ、同センター内の商業施設などに導入する。PLDTのマヌエル・パンギリナン会長兼最高経営責任者(CEO)は「生活圏に5Gを導入することで娯楽に革命をもたらす」と述べた。

PLDTは2018年、首都圏マカティ市とパンパンガ州クラーク経済特区に、国内初の5G対応基地局を設置。今年初めにはアテネオ大学内で5G対応の研究所を設立している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

経済特区で生産活動再開、噴火の影響限定的(01/17)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/17)

火山の噴火、小康状態に 避難住民は増加、なお楽観できず(01/17)

発電所が一部停止、噴火の被災地域(01/17)

タイヤの米グッドイヤー、IT拠点を増強(01/17)

電子製品サーテック、情報開示違反で罰金(01/17)

Ubicom、連結子会社から配当金(01/17)

最低賃金手取額の上昇率、54カ国中で20位(01/17)

マニラ近郊に新空港次々、既存施設もう限界(01/17)

ホルシム、セメント工場の生産増強完了(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン