個人情報保護法違反で摘発急増 罰金は前年9倍、企業の対応急務

シンガポールで個人情報保護法(PDPA)に違反した企業・団体の摘発が急増している。2019年は例年の約2倍となる47件に拡大。個人情報を流出させた企業に対する罰金総額は前年の9倍に達した。政府機関の個人情報保護委員会(PDPC)は、情報漏えいがなくとも規定違反が見受…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

地場建設と現代、スポーツ施設建設で提携(19:18)

19年の新規車両登録、ほぼ横ばいの10万台(19:18)

地場人材HRネット、インドネシアで合弁(19:18)

テイクオフ:シンガポールには2つの…(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

ブランド品売買SOU、3カ国に拠点(01/21)

郵船ロジ、航空宇宙産業向け品質規格を取得(01/21)

全日空がアジア強化、シンガポール航空と連携(01/21)

農作物商社オラム、2部門に分割(01/21)

複合ケッペル、印の廃棄物発電に技術提供(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン