個人情報保護法違反で摘発急増 罰金は前年9倍、企業の対応急務

シンガポールで個人情報保護法(PDPA)に違反した企業・団体の摘発が急増している。2019年は例年の約2倍となる47件に拡大。個人情報を流出させた企業に対する罰金総額は前年の9倍に達した。政府機関の個人情報保護委員会(PDPC)は、情報漏えいがなくとも規定違反が見受…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

台湾経済、今年ゼロ成長=DBSが上方修正(12:14)

QRコードで納税可能に、徴税額8割カバー(15:56)

衣料レンタルの新興企業、経営難でリストラ(14:53)

アジアデジタル金融研究所、年内にも開校(14:35)

共同キッチン巡る調査、市場健全化で終了(14:33)

テイクオフ:外出を自粛する生活が続…(08/05)

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(08/05)

【月次リポート】自動車ニュース(7月) 欧州でクリーン水素同盟(08/05)

米フィンテック企業、ア太平洋拠点設置へ(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン