• 印刷する

ボホール空港の運営保守、投資額は38億ペソ

フィリピンの財閥系アボイティス・インフラ・キャピタル(AIC)は、受注を目指しているボホール・パングラオ国際空港(BPIA)の運営・保守事業に38億ペソ(約81億3,000万円)を投資する見通しだ。運輸省が明らかにした。

同事業では、第1期(2020~21年)で空港の既存施設を拡充する。第2期(26~27年)では需要に応じて空港の最適化、再構成を進める。運営・保守の契約期間は25年。

アボイティス・エクイティ・ベンチャーズ(AEV)のインフラ部門であるAICは、官民連携(PPP)事業を政府に持ち掛ける「アンソリシテッド・プロポーザル」方式で同事業を提案。フィリピン経済開発庁(NEDA)の理事会が11月29日に承認していた。

運輸省は「スイスチャレンジ方式」で入札を実施し、20年初めに事業者を決める予定。他社から好条件の対案が提示されなければ、提案者のAICが事業を請け負うことになる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タール火山の噴火から1…(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

噴火の経済損失66億ペソ 政府試算、製造業は影響少なく(01/21)

避難区域内の立ち入り完全禁止へ、政府(01/21)

REIT関連改正法に署名、投資呼び込み(01/21)

バイク配車の試験運用、打ち切り勧める(01/21)

19年の国際収支78億ドル、4年ぶり黒字(01/21)

中銀、3月までに債務証券発行へ(01/21)

〔セブ通信〕大統領、交通インフラの財源確保へ(01/21)

渋滞緩和へインフラ整備、3840億ペソ規模(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン