• 印刷する

不動産市場の軟調続く、減税も効果薄く

不動産市場の低迷が続いているミャンマーでは、10月に不動産取得にかかる税が減税されたが、関係者によると、市場は期待ほど回復していないという。ミッジマが伝えた。

最大都市ヤンゴンに拠点を置くミャンマー不動産サービス協会(MRESA)のテイ・ミン会長は、「不動産価格は減税後70%回復すると期待していたが、35%程度しか回復していない」と指摘する。「減税の時期が遅すぎた。来年の総選挙を前に投資家は様子見の姿勢に入った」という。

それでも一部の地域では減税後、売り手が提示価格を引き上げたり、購入に関心を示す顧客が表れ始めたりしているという。具体的にはヤンゴン管区の1戸建てが10億チャット(約7,300万円)程度で売買されているほか、開発事業が行われているダラ郡区などで不動産価格の上昇がみられるという。

ミャンマー建設業者協会(MCEA)のミョー・ミン事務局長は「国内の土地の7割で価格が40%下落した。ヤンゴン管区政府による都市開発事業や個人への土地払い下げによる供給増加も、不動産価格の下落を助長している」と指摘した。

2019年度(19年10月~20年9月)連邦税法で、不動産取得にかかる税率が、購入価格1億チャット未満は3%、1億~3億チャットは5%、3億~10億は10%、10億~30億は15%、30億チャット超が30%に改正された。従来の税率は、購入価格3,000万チャット未満は15%、3,000万~1億チャットは20%、1億超は30%だった。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナで初の死者、感染者は累計14人(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

建設工事の3割が新型コロナの影響で中断(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

輸出入免許オンライン申請、164品目に適用(04/01)

国境からの帰国者、4月15日まで入国停止(04/01)

政府、大規模な再生エネ発電推進の意向(04/01)

マレーシア航空が特別便運航、航空局が認可(04/01)

集会禁止のザガイン、結婚式強行の男性逮捕(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン