中国への輸出依存度が大幅減 18年度は30%、日米などに多様化

ミャンマーの輸出先に占める中国の割合が減っている。商業省によれば、2018年度(18年10月~19年9月)の中国への輸出額は50億4,000万米ドル(約5,467億円)だった。全体に占める割合は30%と、会計年度の移行期(18年4~9月)をはさんだ17年度(17年4月~18年3月)の38%から…

関連国・地域: 中国タイミャンマー日本米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

KBZ銀、港湾運営会社を債務不履行で提訴(14:32)

10~12月のFDIは11億ドル 電力、不動産、製造がけん引(01/23)

ヤンゴンの下水道整備、円借款で推進へ(01/23)

大統領、ロヒンギャ迫害関与者を訴追の方針(01/23)

日本外務省がロヒンギャ報告書を評価(01/23)

習主席、今後3年で637億円の資金援助約束(01/23)

プルデンシャル、無償でデジタル医療を提供(01/23)

19年火災件数は2500件、死者79人に増加(01/23)

ヤンゴンからココ島へのフェリー運航開始(01/23)

タニンダーリ管区の前首相、汚職容疑で起訴(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン