• 印刷する

中小企業、九龍にバックアップオフィス検討

香港で抗議活動が続く中、中小企業の間で不測の事態に備えて九龍地区にバックアップオフィスを探す動きが出ているようだ。サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

英不動産サービス大手ナイトフランクの九龍地区オフィスサービス部門責任者は、抗議活動の影響による交通機関の乱れが原因で従業員の通勤がますます困難になっており、「企業はバックアップオフィスを探さざるを得ない状況だ」と指摘。こうした動きは以前は大企業のみに見られていたが、現在は一部中小企業にも広がっているという。

また、「デモ隊の標的になっている香港鉄路(MTR)の駅や警察署の近くにオフィスがある企業は、(デモの影響が比較的少ない)九龍地区への移転を検討する傾向が強い」とした上で、こうした状況に合わせ、抗議活動の影響をあまり受けていない地域を示した地図を作成したと明らかにした。

同責任者は今後、九龍の長沙湾や九龍湾、新界・石門などにある比較的安価なオフィス需要が高まる可能性があるとみている。


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(09/30)

新たに8人がコロナ感染、累計5087人に(10/01)

新たに10人の感染を確認、累計は5097人(10/01)

パソナ、一括採用管理プラットフォーム開始(10/02)

NSW政府、クラウンにカジノ取消で賠償約束(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン