台湾10社、コンポンスプー州への投資に関心

台湾企業10社が、カンボジア南部コンポンスプー州への総額20億米ドル(約2,200億円)規模の投資に関心を示している。プノンペン・ポスト(電子版)が2日伝えた。 1日に台湾の投資家10人と面会した同州のベイ・サムナン知事によると、台湾企業は特に農業および農産業分野への投資…

関連国・地域: 中国台湾カンボジア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

今年の建設投資額見通し、8割増の93億ドル(12/09)

チップモン、南部に産廃処理施設を開設(12/09)

中国企業、南東部で廃棄物発電を検討(12/09)

電動バスの輸入優遇策、政府が草案策定(12/09)

QRコード付きナンバープレート、導入強化(12/09)

猫ひろしさん最下位、東南ア大会マラソンで(12/09)

新輸送基本計画、来年半ばに策定完了(12/06)

シアヌークビルに監視カメラ、600台設置へ(12/06)

大型複合施設ピーク、請負業者を変更(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン