• 印刷する

ウーバー、AP州に顧客サービス拠点を設置

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは2日、南部アンドラプラデシュ州ビシャカパトナムに顧客サービスの中核拠点「センター・オブ・エクセレンス」(CoE)を設置したと明らかにした。設置費用は80万米ドル(約8,730万円)。PTI通信などが伝えた。

ウーバーは新たな拠点を、インドだけでなく、アジア太平洋地域全体のサービス拠点と位置付ける。迅速な対応が必要な重要案件に関して、24時間体制で対応に当たるという。同社のアジア太平洋地域コミュニティー・オペレーション部門のウェン・スー・リン上級取締役によると、同CoEでは来年末までに約500人を雇用する予定だ。

ウーバーは2015年、南部テランガナ州ハイデラバードに国内初のCoEを設置した。ビシャカパトナムの拠点は同社にとって国内で2カ所目、世界全体では12カ所目のCoEとなる。


関連国・地域: インド米国
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドと日本をコンセプ…(12/16)

車部品業界が投資15%縮小 低迷受け、生産キャパ拡大を延期(12/16)

自動車の年末商戦、今年の値引率は過去最高(12/16)

ポルシェ、来年半ばにEV「タイカン」発売(12/16)

サムスン、低価格エアコン市場に再参入(12/16)

携帯輸入台数が60%超減少、国内生産増で(12/16)

鉄鋼ARS、生産能力増強に6億ルピー(12/16)

道路通行料の電子タグ義務化、政府が暫定措置(12/16)

新幹線、周辺の産業に与える影響調査へ(12/16)

11月の国内線旅客数、今年初の2桁増(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン