倉庫への投資が活況 年1000億ルピー超、外資が熱視線

海外の投資会社によるインドの倉庫・物流施設への投資が、引き続き活況を呈している。国内では、2017年の物品・サービス税(GST)の導入で貨物輸送時の州ごとの納税義務がなくなったため、物流拠点の集約・合理化が可能になり、投資が活発化。17年以降の倉庫事業への累計投資額…

関連国・地域: インド
関連業種: 金融運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中村哲医師が亡くなった…(12/09)

北部パンジャブが投資呼掛け 低賃金など売り、日本向け団地も(12/09)

パンジャブで日本の電動バス導入か=地元紙(12/09)

電動二輪ヒーロー、パンジャブ州と提携(12/09)

MGモーター、初EV「ZS」をお披露目(12/09)

タタ自、地方7カ所に自動車の保管倉庫設置(12/09)

配車オラ、豪とNZで事業地域拡大(12/09)

LGのテレビ販売、昨年度は8.6%減(12/09)

住宅設備コーラー、3年で取扱店を倍増へ(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン