• 印刷する

日清製粉グループ、プレミックス工場を竣工

日清製粉グループは3日、ベトナム南部ドンナイ省で業務用プレミックス(調整粉)の生産工場を竣工(しゅんこう)した。同グループにとってベトナム初のプレミックス製造拠点になる。国内の冷凍食品メーカーなどへの販売強化を図り、シェア拡大を目指す。

開所式典に臨んだ日清フーズの小池社長(中央)ら関係者=3日、ドンナイ省

開所式典に臨んだ日清フーズの小池社長(中央)ら関係者=3日、ドンナイ省

ベトナム展開のため、2018年6月に販売と製造の拠点となる新会社「ベトナム日清テクノミック」を設立し、アマタ工業団地に工場建設を進めてきた。資本金は約3,420億ドン(1,500万米ドル、約17億円)で、日清フーズが75%、日清製粉グループが25%を出資した。エビフライやフライドチキンなどに用いるブレッダー・バッターミックス製品や、ドーナツやパン用のベーカリーミックス製品を主に生産する。最大生産能力は年産9,000トン。研究・開発(R&D)施設も備えており、それぞれの顧客の要望に特化した商品を開発できる。当面は業務用製品に注力する。

これまでベトナムのプレミックス需要には、タイの現地法人タイ日清テクノミックからの輸出などで対応してきた。新拠点の設置によって、製品の安定供給と顧客要望への細やかな対応が可能となる。

開所式典に臨席した日清フーズの小池祐司社長は、日清製粉グループの持つ「知見と経験を集結した高品質な製品を生産し、ベトナム経済に貢献したい」と述べた。また、将来は生産規模を数倍拡張させることも視野に入れており、すでに工場に隣接して予備用地も確保したことも明らかにした。

新工場の敷地面積は約2万平方メートルで、このうち建築面積は約1万平方メートル。従業員は当初100人で、順次拡大する計画だ。

ベトナム日清テクノミックの新工場=ドンナイ省

ベトナム日清テクノミックの新工場=ドンナイ省


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

失業や減収、1Qは910万人 コロナ3波で改善傾向止まる(04/20)

ハノイ証取、23年7月に新規上場停止を検討(04/20)

リエンベト銀、1Qは税引き前利益倍増(04/20)

首相、中銀に金融市場の安定・健全化指示(04/20)

感染リスク依然高く、不法入国対策など確認(04/20)

年金保険料、労働省が最低納付期間短縮提案(04/20)

鉄鋼ホアセン、3月純利益は前月比3.2倍(04/20)

後発薬の美時、タイ企業と東南アジア深耕へ(04/20)

韓国企業、自動車部品産業への投資模索(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン