• 印刷する

テイクオフ:シンガポールでは、都市…

シンガポールでは、都市高速鉄道(MRT)やバスなどの公共交通機関が非常に発達している。隅々まで張り巡らされた交通ネットワークのおかげで手軽に各地へ出掛けられる。運賃が日本の半額以下と安いのも魅力だ。

普段、通勤で利用する路線以外を使うことはあまりないが、先日は所用でMRTの環状線(サークルライン)を利用する機会があった。環状線は2009年に開通した比較的新しい路線。一部区間が自動運転で運行されており、大半が地下鉄だ。その日はちょうど一両目に乗車していたため自動運転の様子を間近で観察できた。薄暗いトンネルの中を静かに進む姿に、遊園地のアトラクションのような雰囲気を感じてわくわくした。

来年1月にはトムソン・イーストコースト線(TEL)の北部3駅が開業する。今度はどんな路線になるのか。今から開通が楽しみだ。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/17)

自転車シェア免許、今年の申請受付開始(01/17)

温暖化防止の「建設宣言」、アジア初署名(01/17)

設備投資が7年ぶり高水準 経済低迷下、化学・電子けん引(01/17)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

人材派遣コプロ、海外初拠点(01/17)

NEW ART、東南ア初拠点(01/17)

会計監査人と不動産鑑定士、基準強化へ(01/17)

調停サービス依頼で新サイト、地場協会(01/17)

政府6機関、クレーン車安全強化の指針策定へ(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン