• 印刷する

車部品メーカー、最賃上昇でロボット導入へ

インドネシアの中小自動車部品製造企業協会(PIKKO)によると、最低賃金の上昇で自動車産業の競争力低下が懸念される中、自動車部品メーカーにとってロボット技術の導入が競争力維持のための有力な選択肢となっている。加盟企業の10~20%が、主に中国のロボット技術を部品製造に採用している。3日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

PIKKOのワン監査役は「最低賃金の上昇を受けて、工場移転あるいは自動化・機械化という二つの選択肢を検討した場合、機械化の導入は3年間で投資回収が可能とされている。競争力を維持するためには、自動化や機械化が最も合理的な選択肢といえる」と述べた。中国のロボット技術は、導入コストが日本の技術に比べて約半分に節約できることから、多くのメーカーで採用されている。

トヨタのインドネシア製造子会社トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・インドネシア(TMMIN)のボブ取締役(総務・企業・渉外担当)は「西ジャワ州カラワン県の自動車分野の最低賃金は、タイの首都バンコクの最低賃金を上回っている。バンコクの最低賃金の改定は5年ごとなのに対し、インドネシアは毎年改定しているためだ」と指摘した。


関連国・地域: 中国タイインドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

空港運営AP2、今月から発着数を拡大へ(16:36)

首都オフィス市場、コロナ禍でも堅調(13:20)

森林保全を評価、ノルウェーが60億円供与(11:47)

テイクオフ:新型コロナ対策の社会的…(07/08)

中古車ローン、4月は堅調 公共交通機関の感染リスク懸念で(07/08)

スズキ現法、国内の生産拠点が全て再開(07/08)

自転車走行の規則、政府が7月中に策定へ(07/08)

ガルーダ航空、早期退職に300人超が応募(07/08)

財務省と中銀、コロナ対策の負担分担で合意(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン