• 印刷する

車部品メーカー、最賃上昇でロボット導入へ

インドネシアの中小自動車部品製造企業協会(PIKKO)によると、最低賃金の上昇で自動車産業の競争力低下が懸念される中、自動車部品メーカーにとってロボット技術の導入が競争力維持のための有力な選択肢となっている。加盟企業の10~20%が、主に中国のロボット技術を部品製造に採用している。3日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

PIKKOのワン監査役は「最低賃金の上昇を受けて、工場移転あるいは自動化・機械化という二つの選択肢を検討した場合、機械化の導入は3年間で投資回収が可能とされている。競争力を維持するためには、自動化や機械化が最も合理的な選択肢といえる」と述べた。中国のロボット技術は、導入コストが日本の技術に比べて約半分に節約できることから、多くのメーカーで採用されている。

トヨタのインドネシア製造子会社トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・インドネシア(TMMIN)のボブ取締役(総務・企業・渉外担当)は「西ジャワ州カラワン県の自動車分野の最低賃金は、タイの首都バンコクの最低賃金を上回っている。バンコクの最低賃金の改定は5年ごとなのに対し、インドネシアは毎年改定しているためだ」と指摘した。


関連国・地域: 中国タイインドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

国内最長の高架有料道が完成 第2チカンペック、近く供用(12/13)

いすゞが「トラガ」を輸出 初年度は6000台、3年20カ国視野(12/13)

ダイハツ11月小売り台数、前月比4%増加(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

ニッケル製錬所の建設数、22年目標の3割減(12/13)

石炭供給義務、来年は1.6億トンに引き上げ(12/13)

国営石油、国営3社とパイプライン敷設事業(12/13)

23年にEV用バッテリー生産開始へ=調整相(12/13)

不動産2社、バタムでデジタル・ハブ開発へ(12/13)

豪が不当廉売関税で敗訴、中国製品に波及か(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン