• 印刷する

《安全》北京の日系食品工場で爆発、4人死亡

北京市順義区政府などによると、同区にあるあんこや菓子類を製造する日系企業「北京京日東大食品」で3日午前3時過ぎ、爆発が起き、同日昼までの時点で4人が死亡し、10人が負傷した。出資する東京国際貿易(東京都港区)によると、常駐する日本人はいない。

北京京日東大食品の工場は3日午前3時40分に鎮火し、事故原因の調査が行われている。事故発生当初、2人と連絡が取れなくなっていたが、その後発見され、ともに死亡が確認された。負傷者10人は命に別状はない。東京国際貿易の担当者は、「現場は立ち入り禁止になっているため、生産ラインは止まっている」と説明した。

北京京日東大食品は東京国際貿易の独資で、1987年の設立。同社ホームページによると、各種農産品のあんこ加工などを行い、年産能力は7万トンに上る。同担当者によると、年産実績は約6万トンで、7割が中国地場向けという。従業員数は約200人。

北京京日東大食品で発生した爆発事故の現場=3日、北京市順義区(新華社)

北京京日東大食品で発生した爆発事故の現場=3日、北京市順義区(新華社)


関連国・地域: 中国-北京日本
関連業種: 食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

あおぞら銀、華興資本と業務提携を締結(12:49)

シアヌークビルで大型施設、5億米ドル投資(12/12)

【アジアの本棚】『もっとさいはての中国』(12/12)

テイクオフ:日本の通信キャリアに勤…(12/12)

本土客の保険契約、4Qは減少幅縮小へ(12/12)

車の生産能力、過剰が深刻化 1千万台規模、販売低迷が影響(12/12)

本土の生保外資出資規制撤廃、AIAに商機(12/12)

米中協議継続へ関税延期か、農産品で隔たり(12/12)

中国向けマンゴー輸出解禁へ、最大市場に期待(12/12)

サムスン、中国で乳がん治療後続薬の治験へ(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン