シュエマン氏の新党、候補者に若者を優先

ミャンマー連邦議会の前下院議長であるトゥラ・シュエ・マン氏が設立した新党「連邦改善党(UBP)」は、2020年の総選挙で、若者を中心に候補者を擁立する方針だ。ミャンマー・タイムズ(電子版)が2日伝えた。 UBPは4月の設立以降、全国200郡区に支部を設置。党員は30万人…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(12/16)

20年のチャット為替相場は安定推移=専門家(12/16)

ダウェーへの送電網は年度内に着工、大統領(12/16)

ゴマ価格上昇で農家は収入増、ザガイン管区(12/16)

ヤンゴン、市内の公園に飲食店設置を計画(12/16)

ヤンゴン、タイムズモールに富裕層映画館(12/16)

ヤンゴンのチミダイン魚市場、移転の方針(12/16)

ラカインでNLD幹部誘拐、AAが犯行声明(12/16)

駐日ミャンマー大使が信任状提出(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン