• 印刷する

通行料の電子タグ義務化、今月15日に延期

インド国内の有料道路の一部で導入される「ファスタグ(料金徴収用の電子タグ)」の義務化期限が今月1日から15日に延期となった。ビジネス・スタンダード(電子版)が1日伝えた。

政府は先月、今月1日からファスタグを義務化すると発表していたが、知らずに初日を迎える運転者が多いとみられることから、一定の混乱が予想されていた。

ファスタグは現在、20行以上の銀行との提携を通じて、全国560カ所の料金所で導入されている。発行費の100ルピー(約153円)は、乗用車の場合免除。デポジットの250ルピーと、最低残高の150ルピーを支払う必要がある。有効期限は5年間で、追加入金はオンラインで可能。残高が少なくなるとショート・メッセージ・サービス(SMS)で通知が届く。

政府が今月1日からの義務付けを発表した11月以降、ファスタグの需要は高まっており、米アマゾン・コムの現地法人アマゾン・インディアによると10月の2.5倍に拡大した。11月以前でも、ファスタグの販売数は前年比で30倍に増えていた。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人といえば、頭に…(12/12)

新興予防医療が展開拡大 来年は日本へ、三井物産支援受け(12/12)

自動車販売店、11月の小売り総数は2.5%増(12/12)

タタ自、11月の世界販売は15%減の9万台(12/12)

19年上期の乗用車輸出、現代が首位で10万台(12/12)

現代自、来年1月からの値上げを発表(12/12)

日通が地場同業と業務提携、サービス強化(12/12)

インパクト、コンビニ16号店を南部に開業(12/12)

中国スカイワース、工場設置に1億ドル投入(12/12)

リニュー、太陽光開発で韓国建設大手と合弁(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン