• 印刷する

11月CPIは0.21%上昇、4カ月ぶり加速

タイ商務省は2日、2019年11月の消費者物価指数(CPI、422品目、15年=100、速報値)が102.61となり、前年同月比0.21%上昇したと発表した。エネルギー部門の価格の下落が緩やかとなり、4カ月ぶりに加速した。価格の変動幅が大きい生鮮食品とエネルギーを除いた、コアCPIは前年同月比0.47%上昇した。

商務省貿易政策・戦略事務局(TPSO)によると、食品・飲料部門は前年同月比1.51%上昇。今年に入り、1月の1.34%に次ぐ緩やかな伸びとなった。米・粉製品は8.92%、卵・乳製品は2.83%それぞれ上昇した。一方、非食品部門は0.53%の下落で、このうち、運輸・通信は1.97%下落した。

TPSOのピムチャノック事務局長は、付加価値税(VAT)の徴税額と二輪車の販売が回復しつつあることに言及。政府の景気刺激策が国民の消費を促しており、二輪車販売台数の増加は、低所得層が大半を占める農業分野が回復傾向にある証拠との見解を示した。

同事務局長は、19年通年のCPI上昇率は0.7~0.8%と予測。タイ中央銀行(BOT)が目標として掲げる1%を下回るとの見方を示した。20年のCPI上昇率については、1%程度と予測している。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

都心オフィス賃料、上昇続く 新規2軒の完成が23年にずれ込み(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

バンコク郊外の「森の街」、事業費4割増額(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

土地・建物税、1回目の支払い期限を延長(12/13)

エキスポの受注台数、15%減の3.7万台(12/13)

ドンムアン免税店、キングパワー1社が応札(12/13)

パープルライン、3カ月限定で終日値下げ(12/13)

三菱日立PS、タイ向けにガスタービン出荷(12/13)

テスコのタイ事業、PTTは買収に関心なし(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン