• 印刷する

マクロアジア、サングレー空港拡張に関心

フィリピンの航空関連事業会社マクロアジアは、マニラ首都圏に隣接するカビテ州のサングレー空港拡張計画に応札する考えを明らかにした。トリビューンなどが2日伝えた。

同社のアマドル・センディン最高財務責任者(CFO)兼最高リスク責任者(CRO)は、航空機整備を手掛ける独ルフトハンザ・テクニックの格納庫の着工式に出席した際、囲み取材に応じ、現在は関連文書を精査しているほか、事業パートナーを探していると明らかにした。

同計画はカビテ州政府が官民連携(PPP)方式で実施するもので、事業規模は100億米ドル(約1兆1,000万円)。既にマクロアジアを含む7社が入札に関心を示している。入札期限は当初、先月25日とされていたが、今月17日まで延長された。

計画の提案者であるカビテ州政府は、空港運営の技術的パートナーとしてドイツのミュンヘン空港の運営会社を指名した。ミュンヘン空港は、英航空サービス調査会社スカイトラックスが発表する欧州の空港格付けで1位の常連になっている。


関連国・地域: フィリピン欧州
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

通信ディト、事業開始21年に 基地局整備遅れ、品質を重視(02/21)

税制改革第2弾、上院歳入委が承認(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

政府支出25%増、噴火と新型ウイルス対策で(02/21)

貿産相、EUの「人権懸念」に反論(02/21)

ブラカン空港の着工遅れ、政府は問題視せず(02/21)

エネ省、石油会社に顧客データの提出要求(02/21)

AIで新型肺炎リスク測定、MYEG(02/21)

比航空持ち株社長にタン氏、後継者死去で(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン