• 印刷する

DIT、サイバー対策事業で地場社と協業

システム開発を手掛けるデジタル・インフォメーション・テクノロジー(DIT)は、シンガポールのセキュアエイジと協業することで合意したと発表した(DIT提供)

システム開発を手掛けるデジタル・インフォメーション・テクノロジー(DIT)は、シンガポールのセキュアエイジと協業することで合意したと発表した(DIT提供)

システム開発を手掛けるデジタル・インフォメーション・テクノロジー(DIT、東京都中央区)は2日、シンガポールのサイバーセキュリティー企業セキュアエイジと協業することで合意したと発表した。両社のサービスを相互補完的に提供することで、セキュリティー・ソリューションを全方位的に提供する体制を強化する。

DITは、システムの改ざんを瞬時に検知して正常な状態に復元できるサイバーセキュリティー商品ウェブアルゴス(WebARGUS)を提供している。成長領域の一つであるセキュリティー分野の事業拡大を進めており、今回の提携はこの一環となる。

セキュアエイジは、ネットワーク上にあるファイルやフォルダーを非常に高い強度で暗号化することで、不正なデータ持ち出しやサイバー攻撃による予測不能なデータ漏えいを防止するソリューションを提供している。ポリシーベース管理(機密情報などの保護・配布方法を定めた規定に基づいてネットワークを管理する技術)を活用してエンドポイント(端末)データを暗号化しており、運用・管理がしやすいのが特長だ。

DITは今回の協業で、顧客の要望に応じてウェブアルゴスに加えてセキュアエイジのシステムを提供できる体制を整える。

DITの担当者はNNAに対し、「海外企業とはこれまでフィンランドの情報セキュリティー会社エフセキュアと提携しているが、東南アジア企業とは初めて」と説明。協業を通じて他社サービスを顧客に紹介することで、全方位的なソリューションを提供したい考えだ。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール人はあまり…(12/12)

MOCA、グラブと二人三脚 群雄割拠のモバイル決済(下)(12/12)

モスバーガーが植物肉発売 大手チェーン初、他国も視野(12/12)

【アジメシ】 シンガポールの若手クリエーター 老舗アワビ料理に舌鼓(12/12)

新興予防医療が展開拡大 来年は日本へ、三井物産支援受け(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

19年の経済成長率予想、0.7%に上方修正(12/12)

PwCの予算案要望、環境保護を重視(12/12)

20年1~3月雇用、やや回復=マンパワー(12/12)

DIYのホームフィックス破綻、全店閉鎖へ(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン