• 印刷する

テイクオフ:北京の冬の風物詩のひと…

北京の冬の風物詩のひとつ、羊しゃぶしゃぶ。冷え込んできたら、これで温まるに限る。はるか昔は羊肉オンリーだったのかもしれないけれど、今は羊肉に加え、牛肉、海鮮類、野菜、豆腐など具材は多彩だ。もうしゃぶしゃぶというよりは、むしろ寄せ鍋と言った方がピッタリなのかも。

さてこの羊しゃぶしゃぶ、かつては何人かで鍋を囲んでいただくものと相場が決まっていた。寒風吹きすさぶ中、レストラン内でお客がワイワイガヤガヤ楽しそうに食べているのを横目で見ながら、一人寂しく通り過ぎたことが何度あったことか。

時は流れ、今日の羊しゃぶしゃぶは一人鍋もごく普通になった。老舗店でも一人鍋を出しているところに、「お一人様経済」の隆盛が見てとれる。もっとも中には、わざわざ大きな鍋を一人でつつく客も。「小さい鍋では気分が出んわい」といったところか。(蓬)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シアヌークビルで大型施設、5億米ドル投資(12/12)

【アジアの本棚】『もっとさいはての中国』(12/12)

テイクオフ:日本の通信キャリアに勤…(12/12)

本土客の保険契約、4Qは減少幅縮小へ(12/12)

車の生産能力、過剰が深刻化 1千万台規模、販売低迷が影響(12/12)

本土の生保外資出資規制撤廃、AIAに商機(12/12)

米中協議継続へ関税延期か、農産品で隔たり(12/12)

サムスン、中国で乳がん治療後続薬の治験へ(12/12)

中国向けマンゴー輸出解禁へ、最大市場に期待(12/12)

香港株のパフォーマンス予測、中国株下回る(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン