仁宝系の神宝医資、認知症予防計画に参画

ノートパソコンを主体とするEMS(電子機器の受託製造サービス)の台湾大手、仁宝電脳工業(コンパル・エレクトロニクス)はこのほど、医療事業子会社の神宝医資がパソコンの半製品などを手掛ける台湾の浩キン(シャトル、キン=金が3つ)、嘉義県政府と提携すると発表した。同…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米HP、台湾のノートPCシェア1割超へ(12:37)

テイクオフ:「サイズを教えて。早速…(12/12)

ブランド構築へ、3代目の挑戦 台湾・繊維イノベーション(2)(12/12)

環球晶円が3.5億米ドルを還流、生産増強(12/12)

リードフレームの順徳、南投県に新工場(12/12)

科技部、米テックスターズとイノベ支援計画(12/12)

PC2社、11月はともに前月比増収(12/12)

フーミーフン、高級SSR第1期引き渡し(12/12)

金鉱コーヒー、富士康広告が運営引き継ぎ(12/12)

ジーンズの如興、子会社と海外資産を売却(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン