• 印刷する

9月の訪日宿泊者数、台湾は87万人で2位

日本の観光庁が11月29日発表した宿泊旅行統計(速報値)によると、訪日台湾人の9月の宿泊者数は前年同月比8.7%増の延べ86万9,880人泊だった。中国(202万2,180人泊)に次いで国・地域別で2位となり、シェアは14.1%だった。

47都道府県で見た国・地域別の外国人延べ宿泊者数の構成比では、台湾が20県でトップのシェアとなった。中国の20都道府県と同数。

台湾人は東北6県と沖縄の構成比が1位となったほか、九州や四国、北陸でも首位が目立った。岩手では外国人延べ宿泊者数の60%が台湾人だった。青森や宮城、沖縄も4割を超えた。

台湾人の宿泊地の比率を見ると、沖縄と東京がともに台湾人全体の16%を占めた。大阪は11%、北海道は10%、京都は5%の順となった。

外国人の延べ宿泊者数は1.7%増の692万人泊。9月としては2007年の調査開始以降で最多だった。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: サービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

7月の輸出1.5~4%減へ、財政部予測(18:28)

新型コロナ感染者、5日連続ゼロ(18:28)

テイクオフ:通勤ルートに最近、下着…(07/08)

6月輸出は前年比3.8%減に 電子・通信の伸び継続が好材料(07/08)

【月次リポート】自動車ニュース(6月) トヨタ、中国でFCV普及へ(07/08)

華為、聯発科技のスマホチップ調達拡大(07/08)

TV用パネルが値上がり、7月に1割上昇も(07/08)

聯強、豪ブリスベンで運営センター用地取得(07/08)

6月の二輪車販売、2カ月連続プラス(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン