飲食品産業への投資額、来年は10%増を目標

インドネシア飲食品業者連合(Gapmmi)は、来年の飲食品産業への目標投資額を今年の見込み額から10%増の75兆ルピア(約5,832億円)に設定した。来年は政治情勢の安定化や政府による規制緩和などが期待でき、投資を後押しするとみている。11月29日付インベストール・デーリー…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナが流行して以…(08/12)

コロナ適応でデジタル化進展 東南アで若者のオンライン利用増(08/12)

ワクチンの最終臨床試験開始 1月にも実用化、2.5億回分生産(08/12)

低所得正規労働者に給付金、1573万人が対象(08/12)

コロナ対策予算、9千億円規模追加を計画(08/12)

フィッチ、国債格付けをBBBに据え置き(08/12)

ダイハツ、7月の小売り台数は前月比6%増(08/12)

ナンバー規制、初日の違反車両は1千台超(08/12)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(6月) 上昇率が5カ国で加速、原油高などで(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン